腱鞘炎治療は早期開始で

輪ゴムで腱鞘炎予防?

みなさんの身近にあってとてもリーズナブルで便利な輪ゴム。今回はこの輪ゴムで腱鞘炎が予防出来るか?ということについて紹介します。まず、腱鞘炎に一度なってしまうとなかなか治らなかったり、再発することも多々あります。そんな腱鞘炎にならないためにはどうしたらいいのか?それには指を鍛えることが大切なのです。

 

指を鍛えることで手首への負担も軽減されて結果的に腱鞘炎の予防に繋がるのです。では、どうすれば指を鍛えることが出来るのか!?そこで登場するのが輪ゴムなのです。これは、指を酷使するピアニストの方やギタリストの方もしているとか・・・。

 

やり方は簡単で指に輪ゴムを通して、輪ゴムの収縮力を利用して指を伸ばしたり縮めたりを繰り返すという単純なものです。しかし、輪ゴムを使って簡単に出来るからといってやり過ぎにはくれぐれも注意が必要なのです。負担を掛け過ぎると逆に指を痛める原因にもなります。自分に合った無理の程度に行うことで予防に効果があるというものです。

 

今、腱鞘炎の痛みで悩まされている方や慢性的な痛みがある方には悪化させてしまう恐れもありますので医師に相談してみましょう!腱鞘炎でなく予防の方には、指を動かすことでトレーニングにもなるし血行が促進されるので手軽に出来て良いものです。しかし、これを一回やったからといって予防が出来るわけではありません。

 

何事も無理のない程度に継続が必要になります。

指を動かすこと自体は腱鞘炎の予防のみならず健康にも良いので是非継続して出来る方はしてみましょう。もし、違和感や痛みが出てきた時にはそのまま継続せずに一度中断して様子を見てください。痛みが続く時には早めに病院で診察をしましょう。