腱鞘炎治療は早期開始で

腱鞘炎に市販の塗り薬・飲み薬は有効なのか?

腱鞘炎の方でも病院に行くほどではないし、行く時間がないという方もいると思います。今回はそんな方のために病院に行けなくても市販の塗り薬や飲み薬が有効なのかをお話します。まず、塗り薬でよくあるのがインドメタシンというのが含まれる塗る湿布薬や湿布です。これらは、病院でも同様のものが処方されるので市販薬でも有効と言えるでしょう。

 

しかし、使い方を間違ってしまうと痒みや肌荒れの原因にもなりますので、肌に合わない時はすぐに使用を中止してください。また、塗り薬だけでは軽度の腱鞘炎には痛みの緩和や腫れや違和感などは多少緩和もされますので一時的なものであれば有効でしょう。しかし、慢性的な腱鞘炎については市販の塗り薬だけでは効果が少ないと思いますので、病院で診察をしてしっかりとした完治に向けて対応が必要になります。

 

つぎに、飲み薬です。

消炎鎮痛剤などは病院でも痛みや炎症の緩和として処方されるため痛みや炎症の緩和目的なら市販薬でも効果的です。しかし、飲み方やタイミングなどその症状や体の状態によっては気をつけなければなりません。病院ではその人の状態をみて処方していますが、市販では個人で購入するため薬がきつくて胃に炎症が起きることもあります。

 

病院では、消炎鎮痛薬でもきつい場合には胃薬を一緒に飲んだり、薬の強さを調節出来ますが市販薬はそれができませんのでしっかりと用法・用量はきちんと守り服用してください。

 

塗り薬と同様にこちらも一時的には市販薬でも有効かもしれませんが、ひどい症状や完治を目指す時は病院で薬の服用やサポーターなどその人の腱鞘炎の程度や状況に合った対応を診てもらいましょう。もちろん市販薬でも効果はありますが、それでも治らない時や効果が無くなった時には必ず病院へいきましょう!病院では痛みや炎症を抑える薬だけでなく、日常でのケアなどその人に合った治療法を教えてくれるでしょう。